ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム>ニュース&トピックス>トピックス>2017年度>【助成金】最低賃金及び賃金の引上げに向けた中小企業・小規模事業者支援について
トピックス

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

【助成金】最低賃金及び賃金の引上げに向けた中小企業・小規模事業者支援について

厚生労働省では、最低賃金及び賃金の引上げに向けた環境整備を図るため、最低賃金・賃金引上げに向けた生産性向上等のための支援を行なっています。


 

業務改善助成金 【担当部署:雇用環境・均等室】

生産性向上のための設備投資などを行って、事業場内の最低賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などの費用の一部を助成する制度です。

 

 ☆事業場内最低賃金1,000円未満の中小企業・小規模事業者が対象です。

 ☆過去に業務改善助成金を受給したことのある事業場であっても、助成対象となります。

localnavi_banner_bnr_gcj.giflogo_lower.pngfooter_logo_mhlw.png最賃センター_H29.jpg 

 

  ☆国の委託事業により、本助成金の申請に関する相談や最低賃金の引上げ等の相談ができる”無料相談窓口”を設置しております。

 

 

キャリアアップ助成金 【担当部署:職業対策課】

有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といった、非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップ等を促進するため、正社員化、人材育成、処遇改善の取組を実施した事業主に対して助成する制度です。

 

 ★キャリアアップ助成金は、これまでの3コースが8コースに変わりました!(平成29年4月1日改正)

  ★キャリアアップ助成金の8コースの中から、賃金規定等改定コースをクローズアップ!

 

 

人事評価改善等助成金 【担当部署:職業対策課】 (平成29年4月 制度新設)

生産性向上のための人事評価制度と賃金制度の整備を通じて、生産性の向上、賃金アップ及び離職率の低下を図る事業主に対して助成する制度です。 

 

 

 

生産性を向上させた企業は労働関係助成金が割増されます! 

企業における生産性向上の取組みを支援するため、生産性を向上させた企業が労働関係助成金(一部)を利用する場合、その助成額又は助成率を割増します。

 

 ★生産性を向上させた場合とは、「生産性要件算定シート」を用いて算定された生産性の伸び率が、助成金の支給申請を行う直近の

    会計年度における「生産性要件」を満たす必要があります。 

  1. その3年前に比べて、6%以上伸びていること または、
  2. その3年前に比べて、1%以上(6%未満)伸びていること (※)この場合、金融機関から一定の「事業性評価」を得られる必要があります。

 

  この記事に関するお問い合わせ先
  雇用環境・均等室  TEL : 083-995-0390

この記事に関するお問い合わせ先

職業安定部 職業対策課 TEL : 083-995-0383

山口労働局 〒753-8510 山口市中河原町6番16号山口地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Yamaguchi Labor Bureau.All rights reserved.