ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム>ニュース&トピックス>トピックス>2017年度>職場定着支援助成金(個別企業助成コース)の支給要件の一部変更について
トピックス

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

職場定着支援助成金(個別企業助成コース)の支給要件の一部変更について

平成29年4月から、次のとおり支給要件が一部変更となりました。

 

○介護福祉機器の導入・運用計画について都道府県労働局長の認定を受け、

導入及び運用を行った事業主に対する助成額が次のとおり見直されました。

→当該介護福祉機器の導入及び運用に要した費用の額の25/100に相当する額

(その額が150万円をこえるときは、150万円)

 

○介護福祉機器の導入及び運用に係る計画期間の末日から起算して一年を経過する日までの

期間における離職率に係る目標を達成した場合に、次の追加支給を行う目標達成助成が創設されました。

→当該介護福祉機器の導入及び運用に要した費用の額の20/100(生産性要件に該当する事業主にあっては、

35/100)に相当する額(その額が150万円をこえるときは、150万円)

 

○自動排泄処理機及び車いす体重計が、機器助成の助成対象外となりました。

 

 

詳しくは下記の厚生労働省ホームページをご覧ください。

 

職場定着支援助成金(厚生労働省ホームページへのリンク) 

この記事に関するお問い合わせ先

職業安定部 職業対策課 TEL : 083-995-0383

山口労働局 〒753-8510 山口市中河原町6番16号山口地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Yamaguchi Labor Bureau.All rights reserved.