ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム>ニュース&トピックス>トピックス>2017年度>キャリアアップ助成金の支給要件の一部変更について

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

キャリアアップ助成金の支給要件の一部変更について

 

平成29年4月から、次のとおり支給要件が一部変更となりました。

 

○助成金全体の整理統合等により、処遇改善コース内のメニューを全て単独のコースに変更

(全体で28年度3コース(6メニュー)→ 29年度8コース)。

 

○助成金額について生産性要件が設定されます。

 

○人材育成コースについて、中長期的キャリア形成訓練の様式が一般職業訓練と統合。また、1年度1事業所

あたりの支給限度額が500万円から1,000万円になります。 

 

○正規雇用労働者に多様な正社員(勤務地限定、職務限定、短時間正社員)を含むものとし、

助成額を同額とした(28年度 有期→多様:中小40万円→29年度 有期→正規(多様):中小57万円など)。 

※ 多様な正社員の定義は引き続き規定

 

○正規と非正規との共通の諸手当制度を新たに規定・適用した場合の助成を創設(諸手当共通化コース)。

 

○500人以下の企業が労使合意に基づき、短時間労働者への被用者保険適用拡大を実施する際、

短時間労働者の賃金の引上げを実施した場合の助成を創設(選択的適用拡大導入時処遇改善コース)。

  

詳しくは下記の厚生労働省ホームページをご覧ください。

 

キャリアアップ助成金(厚生労働省ホームページへのリンク)

この記事に関するお問い合わせ先

職業安定部 職業対策課 TEL : 083-995-0383

山口労働局 〒753-8510 山口市中河原町6番16号山口地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Yamaguchi Labor Bureau.All rights reserved.